SDGsの取り組み

目標6 安全な水とトイレを世界中に

6.3 2030年までに、汚染の減少、投棄の廃絶と有害な化学物・物質の放出の最小化、未処理の排水の割合半減及び再生利用と安全な再利用の世界的規模で大幅に増加させることにより、水質を改善する。

 えびの電子工業は、日本で最初の国立公園の一つである「霧島錦江湾国立公園」の霧島山系をグルっと囲む形で6つの生産拠点を有しています。多くの湧水源があるこの地域の自然環境と、従業員の健康を守る事は、持続可能な事業継続に欠かせない重要課題です。
これからも電子部品や自動車部品の生産時における「汚染減少への更なる改善」、「化学物・物質の適切な管理と処理」に積極的かつ厳格に取り組みを続けて、地元の水資源への行うべき役割を果たして参ります。